美肌を守るためには、睡眠も大切です。

美肌を守るためには、睡眠も大切です。

美肌を守るためには、睡眠も大切です。

 

美肌作りには、睡眠は非常に関係深いものとなります。お肌が荒れる原因の1つとして、寝不足が続くと事でホルモンバランスが崩れてしまうのです。十分な睡眠時間は、美肌つくりには欠かせないものです。出来るならば最低6時間から7時間半程の睡眠時間はとりたいものです。人が睡眠でつくられるものに、成長ホルモンとプロラクチンというホルモンがあります。

 

美肌をつくる成長ホルモンとなりますが、細胞の生まれ変わりを促して美肌に導くものです。またプロラクチンは、女性に大切なホルモンとなりますが、バストの維持、母性本能を司るものとなります。睡眠中は、深い眠りと浅い眠りを90分での繰り返しとなります。深い眠りは大切となりますが、メラトニンがしっかり分泌される事で、深い眠りのノンレム睡眠となります。

 

メラトニンは、寝る前の1~2時間前から分泌がはじまります。美肌作りには、このメラトニンがしっかり分泌される事でノンレム睡眠となり成長ホルモンが分泌されるのです。このメラトニンが分泌されるためには、ビタミンB12がとても必要です。ビタミンB12の多く含有する食品としては、煮干、しじみ、あさり、牛レバー、鶏レバー、焼き海苔、味付け海苔などおすすめです。またお肌を守るためには、色々な食材を摂ることをお薦めです。

 

紫外線を浴びる前の夕食時に摂るトマトや、一日数回に分けてビタミンCの多いレモンを摂ることもお勧めです。美肌を守る意識があれば、やはり油物などは多くとらい食事となるものです。